EaseUS Todo Backup Free 11.5でWin10デスクトップをSSDからHDDにクローン

EaseUS Todo Backup Free
公式のマニュアルも充実しています。合わせてご覧ください。
Free版でもバックアップやクローン等の基本的な機能が網羅されており、有償版ではスピードアップやサポートの充実が図られています。

※必ずバックアップをとってください。
デスクトップ環境で、その上HDDへのクローンですのでご了承ください。成功した例を紹介します。
Windows10をGPTなSSDにインストールしてある状態から開始です。

まずクローン先となるHDDは、外付けではなくSATAで接続したほうが確実です。

そしたらお約束の、コマンドプロンプトなりPowerShellなりでdiskpartを開き、クローン先のHDDをcleanしてconvert gptするという流れを行ってください。
GPTに変換できたことを確認したらexitして大丈夫です。

この状態で、要するにクローン先HDDをフォーマットはしない状態で、EaseUS上でターゲットディスクに指定してください。
クローンはシステムクローンではなく通常のクローンで行いました。またこの際、EaseUS上でのクローン先パーティションのサイズ変更等はしていません。

その後シャットダウンをし、HDDに換装してブート順の設定をします。
起動時に時間がかかるかもしれませんが、失敗だと割とすぐにブルースクリーンが出ると思うので、しばらく待ってみてください。起動すると思います。

その後、HDDのデフラグを行ってください。
デフラグ画面でソリッドステートドライブと認識されていてデフラグできない場合は、コマンドプロンプトかPowerShellで
 winsat diskformal
と入力して実行することで、正しい認識になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック: https://plugman.me/2019/03/01/735/trackback/