コミティア124 ごあいさつ


昨日5/5(土祝)に当スペース「MOQPROJECT」へお越しくださいました方々、またお買い上げいただきました方々、誠にありがとうございました。


今回の頒布物は開運攻略カレンダー改め「2018年度九星気学カレンダー」でした。
九星気学の方位盤を備えたメモ欄を記載しているほか、月相や旧暦、その他六曜(大安・赤口など)などの暦注を記載しております。

少し歴史の話になりますが、これらのような暦注は、太陽と月の運行を元に作暦していた近世まではよく見られ、
適当に決めていたのではなくある程度天文観測に立脚していたものです。
かつては日々を彩る多様な暦に様々な思いを馳せていたかもしれません。
しかしそのために作暦には専門的な知識が必要となり、作暦家には政治利用も合わせて特別な権限が与えられていました。

近代に入ると日本も西欧諸国との歩調を合わせ、完全な太陽暦であるグレゴリオ暦を採用し今に至ります。
その結果、季節とのズレや作暦上の労力などの懸念は削られました。
一方で吉凶を論じる暦注が迷信として取り除かれ、旧暦と密に結びつく六曜のみがなんとか続投となりました。
今ではこのような制限はありませんが、六曜だけが根強く残っているのはこうした背景があります。

日の吉凶を定めることは迷信に結びつき、果ては差別にも繋がるというのは当方としては納得するところです。
ひとえに多様性を一部の基準での視野に限定し、さらに吉凶という二元論で片付けてしまうところに問題があるのでしょう。
当サークルの制作物が、日常に隠れていた多様性を見出し、今までは飲み込めなかった不条理を理解・受容する助けになったり、
またそんな難しいことは考えずとも、みなさまの天文事象への関心向上に一役買っていければ幸いです。

使用上のご注意として、急な予定・変更の出来ない大事な予定などの外圧がある時に、
無理に方違えを適応させようとすると、かえって逆効果となりえます。
たとえ悪い方位でも、心がけや自制次第で問題は起こにくくなります。
口で言うのは簡単ですね。それが完遂できれば苦労はしません。
あくまで「絶対」ではなく「傾向」です。
自分次第でコントロールできることを意識していただけるとより良くなります。

吉方位・凶方位は人それぞれ9パターンに分かれているのですが、当カレンダーではひとまとめに扱っているため、
最初にご自分の本命星をお調べしていただく工程をお願いしております。

また本カレンダーは壁掛け穴が小さいです。画鋲をお使いの場合は毎月とめ直していただく必要があります。
今後、大きめに改良いたします。

さんざん書きたいことを書かせていただきましたが、結局は次の一言につきます。
改めて、この度興味ご感心を持ってくださった方々、お買い上げいただいた方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック: https://plugman.me/2018/05/06/411/trackback/